お知らせ

Chapter 3.4 糖尿病について

糖尿病とは血液の中の糖(血糖)が多すぎる状態が持続することです。 未治療で放置すると腎臓が損傷され、尿中に糖が出てきます。 このことから“糖尿病”と言われています。I型とⅡ型があります。 Ⅰ型はウイルス感染などが原因で膵臓が機能を失いインスリンが全く分泌されない Ⅱ型はインスリンは分泌されるが不足又は機能が十分でなく高血糖が持続する 診断基準 空腹時血糖値 : 126mg/dl 以上 食後2時間血糖値 200 mg/dl以上 HbA1c 6.5%以上  (75歳以上の治療目標 7.5%以下) 血糖値は食事をとると上昇し徐々に下がっていきます。(採血のタイミングが影響) HbA1C は過去1,2か月の平均血糖値を反映するので採血時間の影響を受けにくい。 EndFragment 糖尿病を放置すると血管が詰まったり、バイ菌に弱くなったりします。 高血糖はコレステロールや高血圧と同じように動脈硬化の原因となります。 特に網膜の病変は血液検査などでは発見で 高血糖に伴う動脈硬化の特徴は細い血管も傷みやすいことです。 網膜や、腎臓、神経の周りの細い血管などが詰まりやすくなります。 長時間高血糖が持続することでインスリンの分泌が常時必要になり、血管の損傷もすすみます。 血糖値が高くなればなるほどインスリンを多く分泌するように膵臓が刺激されます。 血糖値は食後2時間後くらいが最も高くなるといわれています。 この時にもっとも大量のインスリンが必要とされ、膵臓に負担がかかります。 膵臓を休めるには血糖値が高くない状態が必要なので間食はやめた方がよいと考えられます。 血糖について考える場合“インスリ

Chapter 3.3 コレステロールって何?

コレステロールが高く治療を受けている方は多いと思いますが、コレステロールとはどういうものか理解されていますか?コレステロールの代謝は非常に複雑です。今回はなるべくわかりやすいようにまとめてみました。 1.コレステロールの働き コレステロールはホルモンの材料になったり、皮膚に潤いを与えたり人体にとって必要です。 下の図のように様々な臓器で重要な働きをしています。主に肝臓で代謝されます。 2.コレステロールの種類 治療上取り上げられるのは主に次の3つの項目です。 1. HDLコレステロール:善玉コレステロール  (基準値 40以上) 2. LDLコレステロール:悪玉コレステロール (基準値 140未満) 3. 中性脂肪:コレステロールではないがコレステロールの代謝に関係する油分(基準値150未満) * 一般的に採血結果にLDLは算出されないことが多いです。 * その代わりに総コレステロールという値が記載されていることが多いと思います。 * その場合計算でLDL値が出せます。 LDL=総コレステロールーHDLー中性脂肪×0.2 ですが面倒なのでおおよその目安とするのはnon-HDLコレステロールで考えてもよいと思います。 non-HDLコレステロール=総コレステロールーHDL (基準値 170未満) HDLとLDLの働きは肝臓から血管などの組織に油を運ぶ係と回収する係と考えるとわかりやすいです。血管に油を運んだまま回収しないと古い油がどんどん溜まってさらに血栓が形成されて血管が詰まってしまいます。 中性脂肪は動脈硬化には直接関係しないのですが、中性脂肪が増えすぎると 中性脂

年末年始の休診日について(12/30~1/3)

朝晩の冷え込みが強くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか? 早いものでこのホームページを開いてから1年たちました。 昨年の今頃は工事の真っ最中だったのを懐かしく思います。 おかげさまで4月の開院以来順調にクリニック運営を行えており、一安心です。 これからもさらに患者様満足いただける医療を提供していきたいと考えております。 年末年始のお知らせです。 2016年 12月 30(金), 31(土) 2017年 1月 1(日),2(月),3(火) を休診とさせていただきます。 1月4日 は通常通り水曜日なので午前中のみとなります。 お薬が切れそうな方は早めに受診しておいてください。 ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

お知らせ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。